VisualC++ のマクロ変数を追加する方法

VisualStudio2003/2005 の VC++ のプロパティ定義では,マクロ変数を使用することができます。マクロ変数にはプロジェクトのディレクトリなどがあらかじめ定義されていて,一覧表から選択する形式になっています。

p1.gif

この便利なマクロ変数に独自の定義を追加したいところなのですが,ダイアログには「追加」などのボタンは見当たりません。

で,登録できないのかと思うと,実はちゃんとできたりします。ただ,その手順がとても不自然(!!)な上,ヘルプの説明も見つけにくいので,備忘録として書き留めておきます。

1. 「プロパティマネージャ」ウィンドウを表示。

VC2005は,メニュー [表示]->[その他のウィンドウ]->[プロパティマネージャ]と指定します。VC2008は[表示]メニューで直接選択できるようです。

2. プロパティマネージャのツリーで,追加するプロジェクトを選択。

3. ウィンドウ上部のツールボタン「新しいプロジェクトプロパティシートの追加」を選択。

4. 「新しい項目の追加」ダイアログでファイル名を指定して,プロパティシートを新規作成。

p2.gif

5. プロパティマネージャで追加したプロパティシートをダブルクリックして開く。

6. 「プロパティページ」ダイアログで「共通プロパティ/ユーザーマクロ」を選択する。

7. マクロペインが開くので,マクロの追加を行う。

p3.gif

以上の操作で,設定されたマクロがプロジェクトから参照可能になっています。

P4.gif

もう少し直接的な入力UIはできないものでしょうか(^^;
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
rank← ランキングはこちらをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。